「自分の仕事は自分でクリエイト」をコンセプトとしたWebデザイナーのための体験型オンラインスクール。自分の力で生きていくWebデザイナーを目指します。

LP(ランディングページ)制作の基本と反応を上げる構成からフリーランスのサービス化まで考えてみよう!(2019.11.17))

LP(ランディングページ)制作の基本と反応を上げる構成からフリーランスのサービス化まで考えてみよう!

今月のZOOM勉強会はLP(ランディングページ)の基本と反応を上げる構成・ストーリーの作り方、お客様への提案方法、LP制作キット(テンプレート)の使い方、サービス化(提供内容・制作フロー・見積もり・ヒアリング)を考えるところまで、ググッと踏み込んだ勉強会となりました。

自分よりも上を見てもきりがない。

今、自分が持っている力で役に立てる相手は誰か?を考えて、具体的に行動することが大事です。

最後に、このLP制作から発展して、

息ながく、安定的な収入を得るための「フリーランスのストック型サービス」をどのように考えて構築していくか?

大きく稼ぐことを考えるのではなく、収入の入り口を複数持つ意識を持とう。

といったことを、参加メンバーと意見交換しました。

ということで、忙しいみなさんでも、動画を閲覧しやすいよう第4部に分けてアップしています。

ぜひ、ご覧ください。

LP制作キット(テンプレート)について

私はLPはテンプレート化をしていて、案件に合わせて、そこからカスタマイズしてイメージを作り上げていくという感じで制作しています。

そのテンプレートを共有いたします。

LPはニーズを上手くつかめれば、Webサイト制作に比べ受注しやすいジャンルなのかとも思います。

そういったことから、今後、自分で制作案件を受注していきたい方にも取り掛かりやすいのではないでしょうか?

また、ポートフォリオを作りたい方にもお役に立てると思います。

ページ表示・動画再生のトラブル回避方法

⇒ コンテンツが途中で途切れている、動画再生が不安定、その場合の対処法をまとめています。

ご質問・ご感想をお寄せください。

今回の動画はいかがだったでしょうか?ぜひ、あなたのご感想をお待ちしております!

【会員マイページ>サポートデスク】からどうぞ!

関連記事

「自分の仕事は自分でクリエイトする」

当サイトは、Webクリエイターズオンラインスクール メンバー専用サイトです。