Webデザインとビジネス力を磨く!体験型Webデザインスクール・オンラインサロン

FlexboxのIE11対策・表示が崩れるケースの対処法(2020.08.29)

FlexboxはこれまでCSSレイアウトに使われてきたfloatやdisplay-inline、potisionプロパティよりも柔軟にレイアウトを組むことができる新しいCSS3のレイアウトモジュールです。

親要素の中で、子要素を縦に並べたり、横に並べたり伸ばしたり、縮めたり表示順を入れ替えたりすることが可能なプロパティです。

Flexboxの基本と最初に抑えておくと理解がスムーズな指定についてはCSS中級編として動画をアップしています。
こちらをマスターするとある程度、flexboxを使えるようになります。
⇒ CSS講座中級編一覧

しかし、Flexboxを実務で使っていると教科書通りにはいかず、上手く表示されないことも多くあります。

今回はそんな動画講座では伝えきれなった「上手くいかない・崩れるケース」を中心に一緒に学習しました。

関連記事

受講者の声

「動き出せない
あなたの背中を押します!」

組織に依存しない自由な働き方を
手に入れるためのオンラインスクール・オンラインサロンです。

スクール最新情報、フクモト学長の活動はメルマガで配信中~。